uco notes

WynonnaEarp Podcast「Tales of the Black Badge」キャストインタビュー拙訳を順不同で載せています。(C) Syfy (C)WynonnaEarpPod

Wynonna Earp Podcast Dominique PC インタビュー拙訳

『ワイノナ・アープ(Wynonna Earp)』Podcast:「Tales of the Black Badge

ウェイバリー・アープ役 ドミニク(ドム)・PC(Dominique Provost-Chalkley)インタビュー回(54回)拙訳

(全体を通して意訳を含み、全訳ではない。あえてくだけ口調。ネタバレあり。)

 

ホスト:ケヴィン・バチェルダーボニ―・フェラー

ゲスト:ドミニク・PC

f:id:ucocu:20170729032439j:plain

 (日本からは Wynonna Earp | Netflix でシーズン1が見られます。)

 

ボニー(B):ドミニクってほんと大好き。ほんと、素敵な人。
ケヴィン(K):ほんとだよね。ドミニクは番組のことや、彼女自身のことについてオープンに真摯に話してくれる。
ボニー:S1でインタビューした時も色々と話してくれたわ。

 

B:前回はウェイバリーがちょうどgoo(ネバネバの悪霊の残骸)を触ってこれからどうなるの?!ってところだったわね。今やグーバリー(Waverly+Goo=Gooverly、S1の最後の最後参照)が大活躍しているけど、グーバリーモードになるためにどういう役作りをしたの?

ドミニク(D):まずはどうもありがとう!そうね、脚本を読んですごく楽しみだった。一番気になっていたことは、いつも現場では楽しみすぎちゃうから、やりすぎてしまわないように、ということで。悪役になりきるのは楽しいから。

まず最初に、エミリーと話したの。ウェイバリーに起きる変化は些細なものからっていう過程が私にはすごく大事だったから。そもそも、彼女はこれから人生を切り開いていくタイミングでの出来事だからね。だから、徐々に秘密が明らかになるように自然な変化にしたかった。エミリーに、私がオーバーに演技しすぎていないか確認してほしいと伝えたわ。といっても、一度も連絡は来なかったんだけどね(笑)うまくできてたってことかしら(笑)

K:グーバリーの時は、声にもちろん特殊効果がかかってるけど、身体的にも変化が見られるた気がした。何か特別に取り組んだことはある?

D:うーん、自然にそうなった感じはある・・セクシーを意識したつもりはなかったんだけど(笑)多分、グーバリーを演じる上で、(いつものウェイバリーよりも)極端に自信あふれる感じを意識していたから、それでセクシーに映ったかも。

B:普段のドミニクを知っている人なら、すごく優しい素敵な人って知っていると思うけど、ウェイバリーもそんな感じでしょう。でも邪悪なグーバリーに一瞬で切り替えていて、ほんとに別人みたい。グーバリーの時はウェイバリーのこと忘れちゃうもの。

【ウェイバリーとグーバリーについて】
D:(体を乗っ取った悪霊とキャラのやりとりについてファンが立てた仮説を聞いて)そういう仮説聞くの好き!!実際、ワイノナもウェイバリーもそれぞれ葛藤を抱えているじゃない?それが悪霊にも作用しているんじゃないかな。


【チアウェイバリーについて】

K:みんながチアリーディングのシーンについて知りたがっているよ。

D:何のことかしら?(笑)

K:あはは(笑)初めてあのシーンについて知った時はどう思った?

D:エミリーのおかげで、いくつかのエピソードでかなりのパフォーマンス(ダンス、歌、グーバリー、特殊効果など)をできてすごくありがたい。チアリーディングね、こんな大騒ぎになるとは思わなかったわ、正直(笑)S2撮影のためにカルガリーに着いてオフィスに直行したら、ADにまずこう言われたの。

「まず、チアリーディングと歌のレッスンを受けてもらいます。」

だから思わず叫んだわ。

「エミリー・アンドラス、ちょっと出てきてくれる!?(Emily Andras, Where are you!!)いったいどういうこと!?」(あまりにびっくりして。)
(B&K爆笑)

彼女は現場の隅でくすくす笑いながら「ちょっと色々書いてみたわよ~(笑)」って。まぁ、どのレッスンも必要なかったから受けなかったんだけどね。自力で何とかやったわ。S2では、実にうまく脚本に取り入れてくれたと思う。

あの撮影自体はキャットのおかげでとてもやりやすかったんだけど、まぁ、やっぱりすごく自意識過剰になっちゃうからツライ(笑)あんなスローで撮るなんてね!(笑)いったい、何回Twitterで自分のチアgifを見ればいいわけってなるよね・・(笑)
(訳注:ケヴィンもボニーも笑い堪え切れてない(笑))
それだけみんな気に入ってくれたってことよね!?

B:「大丈夫、みんな気に入ってる。(Baby, it's everybody's thing. 訳注:ニコールの台詞)」
みんな(ケヴィン、私、ブリジット)で撮影現場を訪問した時に、エミリーがS2のシーンのクリップを見せてくれたんだけど「どう?これ気に入ってもらえるかな・・?」って聞くのよ。3人とも「冗談でしょ?!気に入るに決まってるじゃない!チアリーディングしてるウェイバリーよ?!」


【ファンからの質問】
B:Facebookでの質問なんだけど、「チアのシーン(動画)では、実際にあの曲をかけて踊ったんですか?それとも音なしで踊ったんですか?」

D:実はあれは私の選曲なの。家で練習しながら、送ってもらった候補の中からシーンに合う曲を選んだ。大勢のクルーに囲まれながら無音で踊るのはきまずすぎる・・から、曲をかけながら踊れて助かったわ(笑)

っていうか、あの数秒のシーンに、実際にどれほどの時間をかけて撮影しているか、分からないものよね?ある日、ママが現場に遊びに来たんだけど、その日はアップのシーンを撮っていたのね。それで、「どうだった?どう思った??」ってママに聞いたら、黙っちゃって。「やだそんなにひどかった?!」と焦ってたんだけど、よくよく聞いたら、「ねぇ、なんか・・顔をカットされてる・・?」って言ってて笑っちゃった。ママは色んなアングルで撮るって知らなかったのよね(笑)
つまり、何が言いたいかというと、TVで映る数秒のシーンのために、アングルを変えて大量に、延々と撮るんだってことよ。ちなみに、あの撮影後はしばらく筋肉痛がひどくてまともに歩けなかった。運動不足だと思い知ったわ。ダンスも最近してないし、またトレーニングし直さなきゃいけないわね(笑)

B:エミリーが今後、何を書くか分からないしねっ?

 (中略)

K:ダンスもだけど、みんなドムの歌唱力にびっくりしているよ。歌と踊りはどちらが得意なの?
D:(褒められると毎回、Aww と感激するドム。)歌の方が緊張する。体を動かす方が経験があるわ。最初、エミリーには「まじで?歌なんて無理よ」と言ったの。彼女は「あらそう?もし本当にできないと思うなら、強制はしないから言ってほしい。無理はしないで。これを書いたのは、あなたは歌が上手って聞いたし、ファンにも喜んでもらえると思ってのことよ。番組でも映えると思うし。」と言ってくれた。
そこで一瞬考えたの。お願い、書き直してって言いかけた。けど、深呼吸して、「もしかしたら、これは(歌うことの)恐怖心を克服するチャンスかもしれない」と考えてみた。恐怖心を克服するには、緊張するし、こわいし、大変だけど、達成感もすごい。実際やってみてよかったと思ってる。みんな気に入ってくれたみたいだし、よかったわ。

B:恐怖に向き合うっていうのは、ウェイバリーもやっていることよね。
D:その通り。実際、これまでの展開を考えてみると、ウェイバリーも成長してる。『ワイノナ・アープ』のおかげで、ウェイバリーを通して、私もたくさんの機会に恵まれて、アクターとしても個人としても良い経験をさせてもらっている。勇気を出してやってみることね。「自分の欠点を認めて、向き合って、とりあえずやってみる」という番組のテーマにも沿ってるけど、そのおかげ。このfandomは応援してくれる(supportive)し、インクルーシブ(inclusive=包摂、支え合う)だし、本当に感謝してる。私は、自分に自信がないのがコンプレックスだから。それって多くの人が共感できることじゃないかな。
オーディションに受かるまではとても不安だった。イギリスから女優なんて呼ぶんじゃなかった・・って思われてるんじゃないかって。でも、エミリーや、クルーや、キャストのみんな、あなたたち(ボニーとケヴィン)もEarperも、みんなのおかげで人としてもここまで来れた。

K:ComicConもそうだけど、ClexaConでも本当に特別な体験だったって多くの声を聞いたよ。
D:嬉しい。というか、私にとって特別だったわ。これまでに会ったファンの一人一人が愛おしいし、みんなそれぞれ印象に残ってる。

B:私が個人的に知っている人たちだけでも、キャットとドミニクのWayHaughtのおかげでカムアウトできた、勇気を出せたって多くの声を聞いている。今日なんて、あるお母さんがWayHaughtのおかげで娘さんとの関係を改善できたっていう手紙を見た。エミリーたちが書くWayHaughtもだけど、キャットとドミニクが番組上で体現するWayHaughtと、リアル(オフスクリーン)で2人がオープンリー・ゲイキャラを演じるにあたっての責任を全うしてることで大勢のロールモデルになっている。

D:そう言ってくれて本当に嬉しいわ(謙遜して)。・・・キャットとは一緒に深く掘り下げてWayHaughtの役作りをしているし、多くを学んだし、あなたの言う通り、リアルでの責任感もある。正直、こうなるとは想像していなかったんだけど、個人個人にどれほどの影響力があるかを知ることになって興味深いところ。私自身にもすごく大事なことだけど、本当にこんな風に感じるなんて思ってもみなかったから、最高なおまけがくっついてきた感じ。
昔から人々の力になりたいとは思っていたのよ。そういう家系だから。父は、基本的に、彼なりのやり方で世界を変えようとしている人なので。最初に『ワイノナ・アープ』でウェイバリーを演じることになった時はこの状況は予想していなかった。だから、ファンの声を直接聞いたり、今、視聴者のこの期待に応えられているのは本当に何より大事な役割だと考えている。すばらしい経験をさせてもらえて幸運だわ。
(中略)
あのね、ファンと対面する時っていつも、自分の立場が信じられないから頬をつねるのよ。だって、むしろ私がみんなの話を聞きたい。私はただ、『ワイノナ・アープ』という最高な番組で最高な役を演じるラッキーなイギリス人で、ただポジティブなメッセージを伝えようとしてるわけで(笑)この番組に関わってる人たちは良い人間であろうとしている。Earperも、みんな良い人間であろうとして、ポジティブなメッセージを伝えてるっていう感覚を共有しているはずよ。だから、それが変わらずにいたらいいなと思うわ。(今年のトロント・プライドでの様子


【ウェイバリーの展開について】
悪霊退治するクレイジーな世界の中にいるキャラクターたちはあくまで人間的であって、ウェイバリーも自分のアイデンティティ(訳注:ルーツなど)について葛藤している。出身や経歴や家庭環境とか、その人を形成するものについて悩むことは誰もが理解できることでしょう。
(中略)
ウェイバリーのストーリーは私はすごく気に入っているし、それを演じられて嬉しい。
どんなクレイジーなシーンでもワイノナとの関係性はリアルだし、アープ姉妹の絆は強い。姉妹のシーンはメラニー(・スクロファーノ)のおかげでとってもやりやすい。
まるで毎シーンが上級クラス(master class)の演技レッスンみたいよ、彼女はすばらしい女優だから。


【グーバリーが某エサを食べるシーンについて(訳注:遠回しの表現にしている)】
元々、生のチキンレッグをかじる予定だったの。私は実際はヴィーガンだから、メラニーは大爆笑で、エミリーと私ともう1人のライターにメールしてきた。
「これまじ?!過去最高にウケる脚本だと思った私はヒドい人間?!いいぞもっとやれ!早くリハしよう!(笑)」って!まぁ、実際はそれは口にせずに、特殊メイクチームの力作を手にしたわけだけど。(後略)


【ファンからの質問】
zoeさん「ディスレクシア(読み書き障害)を患っているそうですが、台詞を覚えるのにどういう対策をとっていますか?同じ症状を抱える人に、何かおすすめの方法はありますか?」

D:うーん、そうね、他の人がどういう対策を講じているかは分からない。ディスレクシアは脳の働き方の問題で、人によって症状は異なるからね。だけど私の場合は、自分の台詞を全部、自分で書き起こして覚えている。自分の字で読んで、覚えて、他のキャラの台詞を録音して、自分の台詞を覚える。そうすると、全体の流れも分かるから。
(中略)
撮影に際しては役者によって準備の仕方が違うけど、私の場合はシーンのすべてを把握した状態でいたい。アクション(演技)しているなか、何も考えなくても台詞が出てくるくらいの方がシーンパートナーとより自然なやりとりができる。そうすれば、より真実味のある演技ができる。


ケイラ?さん「人生で一番影響を受けた人物は誰ですか?」

D:すてきな質問!ママね。それか、おばあちゃん。最高の女性のロールモデルに恵まれている。ママは世界中を旅してまわっていたの。苦手なことにもとりあえずやってみる精神で立ち向かう人でね。「恐れを克服したら道が拓ける」というのは最大のアドバイス

K:では、番組で関わる人のなかで尊敬する人は?

D:キャラクターで?それともアクターで?
K:どちらでもお任せします。
D:もちろんいるわ。そうねー、実在の人物ならティム(・ロゾン)からは色々とアドバイスをもらう。彼になりたいくらい。それくらい尊敬してる(笑)彼は、立ち振る舞いから演技から、全力で仕事をすることから、番組やキャラへの情熱から、本当に素晴らしい人なの。考えすぎたりしないし、その場の流れに身を任せて、楽しめる人。

たとえば、上手くできなかったシーンについて、私なんかはくよくよ考えたりするじゃない?自信のなさから。ティムは「いつもいつもそんな風にしてたら不健康だよ。良くないよ」と言うのよ。過ぎたことを忘れることはできるっていう心構えを教わった。「ドミニク。いいかい。気にしない。(I don't give a s****)」って。(訳注:Sワード部分に、プロだから代わりに音消し入れとくって自ら擬音を入れてるドムが傑作・・・なので54:10あたりをぜひ聞いてほしい)後で悩むよりも、大事なことにフォーカスすること、何が重要か理解すること、全力を尽くすことをティムからはかなり教わったわ。

あとはキャラクターなら、ニコールかな。素敵よね。地に足がついてて何でもできる人。ウェイバリーがニコールに惹かれるのも納得!

B:ティムの話が出たところで彼にまつわる質問。みんな知りたがってることがあるの。あなたたちには、とあるお決まりのポーズがあるわね?
(ドミニク爆笑)
あれはいったいどういういきさつがあるのか、秘密なのか、教えて!?

D:えぇとね・・過去に1人にだけ理由を教えたことがあるの。だけど、ティムに知れて「なんで喋ったんだ、あれ秘密だろ?!」って怒られた(笑)秘密なの?!って感じだった、ただ面白いからやってるんだと思ってたのに!(笑)きちんとした理由があるけど、またティムに怒られそうだから、彼に聞いてちょうだい!(考えるだけで笑ってしまうドム(笑))だから、まぁ、2人ともクレイジーだけど理由はあるわよ。


Rachelさんからの質問「キャットのインタビューでは過去の仕事でUberドライバーの経験と答えていましたが、びっくりするような仕事をしていたことはありますか?

D:役者だから、数え切れないくらい色々してきた。オーディションに行くのに支障が出ないようなたっくさんの仕事。ケータリングとか、某ブランドで着ぐるみで風船持って立ってるやつとかね。(中略)長い期間を要する仕事だから、役者になるには、役者でいるには、本気で演技が好きじゃないと耐えられないはず。

モントリオールでのできごとについて】
(流れで話し始める)イギリスで映画の撮影が1年半ぶりくらいに決まって、その撮影がインドで始まるところだった。すごく楽しみにしていて、当時住んでいたロンドンで色々と準備万端、あとは向かうだけだったのに、その撮影が延期になってしまってひどく落胆した。でも、ママがとにかく(滞在中の)モントリオールに来なさいって。

着いて、ママと合流して、私は泣いてた。「もうこんなの続けられない、自信もない、チャンスは廻ってこない気がする」とママに言ったの。そしたら、普段は特にあれこれ言わないママが、その時は「あと1年がんばってみなさい。あと1年。演技するの大好きでしょ?」って。その後、(公園で暑くて)寝落ちてたら、マネージャーから着信。
「『ワイノナ・アープ』って番組覚えてますか?制作プロデューサーがあなたに会いたいと言ってるんで、トロントに行ってくれませんか?」(中略)

航空券を変更しなきゃならないわ、帰国までの滞在時間も限られてるわ、バッタバタな状況で、翌日エミリーとメラニーに会って、全てが変わった。相性ばっちりで、ウェイバリー役に決まったという。つまり、何が言いたいかというと、時には余計に忍耐強くいなきゃいけないし、ご褒美のためにひどいゴミみたいな仕事をこなさなきゃならないし、「その時」のために準備しなきゃならないんだと思う。

B:そのエピソードをシェアしてくれてありがとう。「夜明け前がいつも一番暗い(It's alway darkest before the dawn)」ということわざがあるじゃない?私はいつも、つらすぎてもう耐えられない時、進めないと思う時に思い出すの。

D:どうしようもない時もある。そこでふんばれるかどうか。アクターをやってると、ソーシャルメディアではグラマラスでポジティブなことだけの世界って映りがちだけど、人間だからネガティブなこともあるわ。

K:楽しい番組を作っているのは、結局のところ、人だからね。

D:そう。(中略)エミリーはキャスティングの腕が良いのだけど、彼女の言葉を借りると、「キャスティングで悩んだ時は、キャスティング・ディレクターにこう聞く。この中で誰が、今のワイノナ・チームに溶け込める、人柄のいいまともな人(Nice person)かしら?」ということ。チーム全体のポジティブな空気を維持できることが大事だから。経歴や名声じゃなく、人柄で選ぶプロデューサーってなかなかいない。

K:番組のポジティブなエッセンスはEarperにも伝わっているよ。
色々とシェアしてくれてありがとう。

D:こちらこそ、みんながいてこその『ワイノナ・アープ』だから!
呼んでくれてありがとう!

 

終わり

ワイノナ・アープシーズン2配信のリクエストはこちらから!